【インターン体験記】クラクラバスLINE3に乗って行くSNS映えオススメスポット 2018.10.17

こんにちは!関西学院大学から来たクラクラバスのインターン生です!

9月5日にクラクラバスの試乗のためLINE3に乗ってスミニャックに行ってきました!

そこで私達がまわった観光地を止まったバス停ごとに紹介していきます!

LINE3はクタエリアとスミニャックエリアをつなぐ路線で、5つある中で一番本数が多く30分おきにバスが出ています。

Bus stop: アストン クタ 

クラクラバスのガイドマップとアプリを入れて、スタート!

チケットは運転手さんから買います。乗り方がわからなくても、毎回必ず運転手さんが降りてきて、どのチケットを買ってどこに行くのか丁寧に聞いてくださるので安心です。
アストンクタは始発のバス停なので、すこし早めに行くとカメをイメージしたかわいい車体と一緒に記念写真を撮ることもできます!
車内にはWi-Fiも設置されているので、もしまだクラクラバスのアプリをインストールしていない方は車内でゆっくりとインストールすることができます。

Bus stop: グランド インナ クタ

まず私たちが降りたバス停はグランド インナ クタです。バスに乗る際に運転手さんに行き先を伝えているので、乗り過ごす心配なくバスでの移動を楽しめました。

バスを降りて少し歩くと、目の前にクタビーチが広がっておりサーフィンや海水浴を楽しむ人でにぎわっています。ビーチ沿いの大通りは人、車通りが多く観光客に人気の通りです。

kuta-beach-front

同じ大学の友達がDEKOMサーフィンでインターンをしているので、会いに行ってきました!ちょうどDEKOMサーフィンはバス停からビーチに向かって少し歩いたところにあります。中に入ってみると…

surf

…いました(笑)完全にサーファーになりきっています。

次のバス停ビーチウオークまでは歩いて5分ほどなので、ビーチを眺めながら歩いているとすぐ到着します。途中にスターバックスコーヒーもあるので一息つくのも良いと思います。バリ島限定のタンブラーもかわいいのでお土産にぴったりです!

shopping

Bus stop: ビーチウオーク

クタビーチ沿いを歩くと大型ショッピングモール「ビーチウオーク」が右側に見えてきました!日本と似たような店舗が並んでいますが、モール内は南国感あふれるデザインで設計されており、ゆったりとしたリゾート気分を味わえます。

beachwalk-02

beachwalk
  
また、ビーチウオークにはクラクラバスのチケットブースがあるので、チケットや空港送迎などクラクラバスの様々なサービスの案内・購入が可能です。私たちも実際にブースにいってみました!日本語対応のできる女性スタッフがとても丁寧に分かりやすく説明してくださいました!

ticket-crew

Bus stop: ビンタン スーパーマーケット

ビーチウオークからクラクラバスに乗車し少し長めの移動...

到着したのはビールでおなじみのビンタン スーパーマーケット!ビンタンビールはもちろん、南国ならではのフルーツ、お土産のバリ島のお菓子なども買えちゃいます!

beer
 
このビンタンスーパーマーケットが面している大通りがRaya Seminyak Street。スミニャックで有名な通りの一つで、もうひとつはSunset Streetがその隣にあります。

Bus stop: スミニャック ビレッジ

さらに北側へ向かいスミニャック ビレッジに到着!

まず一つ目のお目当ては…

i-love-bali

「I LOVE BALI」のモニュメント!どの国にも同じようなモニュメントがあるからこそ撮っておきたいですね!ちなみに私は自分の訪れた国の「I LOVE ○○○」の写真をコレクションしています(^^)/

写真を撮っていると欧米人のイケメンが入ってきてパシャリ、羨ましい…私も一緒にとってほしかったです…

スミニャック ビレッジ周辺を散策するとお洒落なカフェやブティック、お土産屋さんがたくさん並んでいます。

drink

shopping-02
このあたりを歩いているとInstagram映えしそうな壁画をたくさん見つけることができました!

例えば、こんなのとか…

gravity-03

gravity

gravity-02

walking

かわいいカフェも発見かなり人気のようです!

クラクラバス LINE3はバリの二大観光地クタ・スミニャックをつなぐ路線で人気の観光スポットに行くには安くて便利な交通手段です!スミニャックはとにかく映える街なので若い大学生などおしゃれ好きな方には特にオススメです!



バリ島クラクラバス

COMMENT

コメントを残す

    コメントはありません。

カテゴリー

  • 最近の投稿

  • Language

  • アーカイブ

  • Follow Kura Kura Guide's board :: Art & Culture :: on Pinterest.

    Back to Top