バリ島の稲作起源 2017.11.14

Philhill Photography

Photo by: philhill photography

バリでの稲作起源は、9世紀初頭といわれています。米は、バリの主要農作物の一つであり、バリ人の主食です。ライステラスはまた、旅行者が訪れる主要なアトラクションにもなっています。バリのライステラスに行くと、どこででも見られるのが、竹でできた祭祀品と奉納品です。バリ人はとても宗教的です。稲を植えるなど、何かを始めるときには、大抵祈りが捧げられます。農業の女神「Dewi Sri」を祀る竹の祭祀品を一時的に建て、そこに果物、米、ケーキやたくさんの花で飾られた奉納品とともに祈りを捧げます。同時に、ライステラスを訪れる旅行者は、バリでどのようにコメの栽培が行われているか疑問に思っています。この投稿をチェックし、そのアイデアを入手してください。

2085473448_0c0bbce735_z

Photo by : Donald Metzner

**米の穀物を焼く: 畑を耕す前に土壌を肥やすため、草と米の穀物を焼きます。その後、畑はかなり浸水されます。

5375043134_501d3f7544_b

Photo by :maxdarn

 

**苗代 : 同時に農家は、苗代で米の種を育てています。種を植えてから2540日後、準備された畑に移植されます。

3-テラス 09

**耕作: 畑は定期的に水浸しにされ、何度も何度も繰り返し耕されます。

**牛が木の棒を牽引: 土壌の準備はまだ続きます。土壌が滑らかな泥になったら、一対のバッファロー牛が重い木製の棒を引きずり、畑を何度も何度も行ったり来たりして、土壌を均していきます。

5449985207_60def5a004_z

Photo by: lumixaward2010

**米を植える: 何人かの男性、時には女性もで、発芽した苗を植えていきます。紐や測定装置を使って、正確な位置に植えられていきます。

**米が若く緑の時は、除草します:米が植えられた最初の数週間は、慎重に除草されますが、1~2か月後には、長い木製または竹製の棒がついた適切な工具で除草されるようになります。

9131489255_c3b2a77331_z

**散布:食物は、定期的に灌漑され、制御され、殺虫剤が散布されます。時に突然昆虫によって攻撃されることがあるので、真剣になされなければなりません。

15188237450_362e7365c7_z

 

Phot by : SierraSunrise

**穀物: 穀物が成長してくると、鳥類、とりわけ文鳥を遠ざけるために精巧なシステムを設置する必要があります。

231651501_44f3203e03_z

Photo by : Kazu Letokyoite

**ノイズメーカー:美しい黄色の穀物でいっぱいの畑の真ん中に竹の棒が積み重ねられています。その棒は、たくさんの弦で特別なガードシェルターへ繋げられていて、色とりどりの旗で飾れれています。

**ガードシェルター:先のものとは別に、鐘を取り付けた“風力騒音メーカー”も装備しています。風が吹くと鳥が怖がる音がするようになっています。農家の人は、頻繁に紐を引っ張り、大きな声で叫んでいます。

**かかし:人間の形や悪魔のような装いさせたかかしもまた同じ目的で使用されています。

DSC_6395

**畑を警備:作物が成長するにつれて、農家では、鳥だけではなく、ネズミや昆虫などからも作物を守るために、四六時中畑を警備します。

5-テラス-01

**米の束を運ぶ:  一度すべての穀物が収穫され、束に集められると、それらは米納屋に運ばれて、何年も保管されます。

**穀倉:オーナーが米が必要ななった時は、穀倉から束を取り出し、精米します。家族で食べるようにしたり、現金やその他必要なものがあるときは、近くの市場で売ります。

**トラクターで耕す:  現代技術はバリにも導入されているので、時にはトラクターを使って田畑を耕すところを見かけることがあります。

 



バリ島クラクラバス

COMMENT

コメントを残す

    コメントはありません。

カテゴリー

  • 最近の投稿

  • Language

  • アーカイブ

  • Follow Kura Kura Guide's board :: Art & Culture :: on Pinterest.

    Back to Top