スランガン島 2015.03.09

serangan

クタ、レギャン、スミニャックのビーチの喧騒は時には煩わしく思うこともありますね。。。小さなワルンで寛ぐカップル達やブレイクした波、そして静かなビーチでの憩いを求めているならば、スランガン島に行きましょう。

バリ島の東海岸にある「スランガン島」はデンパサール市が管理する島でサヌールへ行く途中にあります。現在は新しく建設された橋のおかげで車でアクセスできましが、建設前は船でしか渡ることができませんでした。

20120505_044222

20120505_044241

この島にはスランガン村、スランガン ビーチがあり、放牧されてのんびりと散歩をしている可愛い沢山の牛達がいます。 ちょうど取材中に1匹の牛が民家へ入って行きました。(下の画像をご覧ください)こんな事が日常茶飯事の本当にのどかな島なのです。

serangan 1

 スランガン島においての最も重要な場所はヒンドゥー寺院です。東にサクナン寺院、西にダレムサクナン寺院と2つの領域に分割されている2つの寺院は約10世紀に建てられました。

約半年ごとに(210日)行われるサクナン寺院の各周年のお祝いは、南部のデンパサールの様々な村の寺院から参拝者が数百人も訪れる重要な儀式になっています。

20120505_044556

 この3日間の式典とGalungan(ガルンガン:日本の迎え盆のような日)、そして10日後のKuningan(クニンガン:日本の送り盆のような日)が重なる時期はバリ文化を見学するのに最高の機会となります。

クニンガン期間の週末には、バリの伝統的ないくつかの踊りも披露されます。これらの踊りはバロンダンスや様々な仮面舞踏に及びます。

 20120505_044642

 スランガン島が観光客を魅了するもう一つの理由がサーフィンです。特に雨季には最高の波を楽しめます。実際には、良い波の時期は年間でもわずかですが、この期間の波を求めてサーファー達はスランガンに押し寄せます。(特に日本とロシアのサーファーが多い)

ビーチにある何軒かのワルン(屋台)では軽食やドリンク、マッサージまでを提供しています。また遠いアウトに出るのにボード(ジュクン)をチャーターする事もできます。スランガンのサーフィン情報をもっと知りたい方はこちらをクリックしてください。

beach 1

beach 3

あなたはスランガン島が「タートルアイランド(亀の島)」と呼ばれているのを聞いたことがありますか?この島には「亀の保護飼育センター」があるからです。

このセンターでは負傷したり、他の動物に食べられるのを防ぐために(人間も食用として捕獲します)地元の人から卵を購入してウミガメの保護に役立てています。スタッフ達はまた、賑やかな観光のビーチにある亀の巣から卵を収集し、専用の孵化場にて育てて海へ帰す事も行っています。

turtle 1

 turtle 2

 このセンターでは3種類のウミガメが保護されています。また、10万ルピア(約1,000円)でウミガメの赤ちゃんの放流体験に参加することもできますので、あなたがまだバリ島に滞在中であれば、ぜひ参加してみてください。

turtle 3

 スランガンへの行き方

●クタからバイパスをサヌール方面に走ります。

●サヌールへの途中で、左側に大型の「ロッテマート」の看板があります。

●ちょうど、その看板の前に道路の反対側に、やや新しい石灰岩の道路があります。

●Uターンをしてその道に入り、道なりに進んでください。(島の入り口に料金所あり)



バリ島クラクラバス

COMMENT

コメントを残す

    コメントはありません。

Back to Top