クタビーチフェスティバル – 若者のクリエイティビティ― ムーブメント 2017.10.04

Kuta Karnival(今年はKuta Beach Festivalと呼ばれています)は、インドネシアはBaliのKuta Beachで毎年開催されるイベントです。今年は2017年6月6日から8日にかけて、ライブミュージック、DJ、食べ物/料理フェスティバルやほかにも様々なアクティビティーが催されます。前回のイベントでは、世界各地から多くの観光客が訪れ、このクタのビーチサイドでのイベントを楽しんでいます。今年のクタ・カーニバルはもっともっと楽しんでいただでけることをお約束します。カイト フェスティバルのオープニングセレモニーから始まり、バリのアート、漫画エキシビジョン、映画上映、バリ フード フェスティバル、砂彫刻コンペティションなど、来場者の参加できるアクティビティもございます。

以下は、イベントのラインナップです。

Kuta Beach Festival

クタビーチフェスティバル2017はクタのビーチエリアで開催され、クラクラバスはイベントのすぐ前を通過します。最寄のバス停はBeachWalkとThe Stoneで、イベントエリアからわずか数分です。イベントの最終的な場所は決まっていないため、ステージの正確な位置を特定することはできませんが、クタビーチは最大でも数キロもあるので、その美しい波を見ながら歩くのもまた楽しめるでしょう。

バリフードフェスティバル

14570358_1221421867879316_1834738445801987258_n

Photo Food festival 2016

 

クタフェスティバル2017の一環として、こ大きなイベントではバリフードフェスティバルも開催されます。料理やレシピを愛する方は、このフードイベントに参加されてはいかがでしょう。おいしい食べ物の屋台の他にも映画上映、DJセッション、子供の遊び場などのエンターテイメントプログラムがございます。Kuta Festival 2017では、このバリフードフェスティバルをお見逃しなく。

ウブド ヴィーガン フェスティバル - 地球を愛する人々のために

今年で3回目を迎えるバリ ヴィーガン フェスティバルがウブドで開催されます。これまで、パラディソ ウブド、タクス スパで開催されてきましたが、今年は新たにウブド サッカー場が会場として加わりました。入場無料で、ヨガクラスや映画上映、ライブ、ヴィーガンマーケットなど主催しています。今年のビーガンフェスティバルは、地域社会の統一を目指し、動物や地球に対する優しさ、思いやり、愛のメッセージを伝えます。今年は特に、アグン山の噴火の恐れによって起こった、ソーシャルメディアと雑誌の間で多くのセンセーショナルで間違った情報が共有されている可能性がある、この噴火を取り巻く問題を明確にすることを目指しています。

このイベントは、バリ島がバリのままであり、観光地として安全な場所であり続けること、特にウブドはビーガンフード(有機植物をベースにした)、ヨガ、瞑想、健康促進を通じて内なる思いやりを求めている人々のメッカであり続けることを目指しています。

このイベントの詳細については、http://www.baliveganfestival.com/をご覧ください。

 

ハノマン通りを通っているクラクラバスでの、このウブドヴィーガンフェスティバルへのもよりのバス停は、Alaya Resort Ubud(徒歩約7〜10分)とPuri Lukisan(徒歩約15分)です。ウブドラインのチケットは片道券Rp 80,000、往復券Rp 120,000です。ウブドへ定期的にお越しの場合は、3 Days Passをお勧めします。このチケットは、クラクラバスの全ての路線で、3日間乗り放題が楽しめます。 チケットの詳細については、こちらのウェブサイトをご覧ください。

For those travelling regularly to Ubud we recommend a 3 day pass ticket which will have unlimited 3 days travel in all Kura-Kura Bus line. For more information regarding tickets please visit our website here.



バリ島クラクラバス

COMMENT

コメントを残す

    コメントはありません。

カテゴリー

  • 最近の投稿

  • Language

  • アーカイブ

  • Follow Kura Kura Guide's board :: Art & Culture :: on Pinterest.

    Back to Top