知る人ぞ知る!バリ島で採れるもの 2017.04.27

 

Photo by: phinemo

Photo by: phinemo[/caption]

今週末はどこかへお出かけの予定でしょうか?もし、まだ予定が決まっていないなら、農園へ行ってみるのはいかがですか?バリ島の自然を肌をもって感じることができ、人々と自然のつながりも学ぶことができます。こちらではお勧めのポイントを何カ所かご紹介していきますので、是非お出かけ下さい。

1. バリでイチゴ狩り

Photo by: panduanwisata.com Photo by: panduanwisata.com[/caption]

新鮮なイチゴが食べられる農園。バリの中でも気温が低くイチゴの産地として知られるブドゥグール地方、ここのイチゴ農園はいつも多くの観光客で賑わっており、特に家族連れが目立ちます。農園に入るとまずスタッフから小さなカゴとハサミを受け取り、イチゴ狩りスタート!美味しそうなイチゴを探して摘み取るだけ。摘み終わったら、最後に採れた重さの分だけ支払います。イチゴはそのまま食べてもいいのですが、イチゴを使った料理も楽しめます。一番人気があるのはチーズと蜂蜜のイチゴピザ!イチゴの酸味と蜂蜜の甘さがクセになる味、是非お試しください。イチゴジュースもすごく新鮮でおいしいです。イチゴ狩りはバリ島の乾季にお出かけ下さい。素敵な眺めも一緒に楽しめますよ!

2. アトラスパールファーム(真珠の養殖)

Photo by: Pinterest Photo by: Pinterest[/caption]

バリ島の北部にあるアトラス真珠養殖場は、都会の喧騒から離れたユニークで落ち着きのある場所です。ここの養殖場は環境に配慮した真珠養殖場として人気があります。見学後はきっと、今まで思っていた生態系の概念が変わるでしょう。牡蠣へどのように真珠を入れていくのか、どのように成長して真珠が出来上がるのか、ビデオで学ぶことが出来ます。また、ジュエリーショップもあるので、気に入った真珠ジュエリーがあればその場で購入することもできます。

3. ハッテンワイン(ブドウ農園)

Pict by: ZoomBali

Pict by: ZoomBali[/caption]

ブドウ農園もまたバリ島で人気があります。バリワインの人気ブランドとして知られるハッテンワインでは、バリ島北部に一番大きなブドウ農園を所有しています。ハッテンワインは1994年からバリ島でワインを製造している会社です。ここの農園は35ヘクタールもの広大な土地にブドウを栽培しており、農園見学とワインのテイスティングができるツアーが行われています。毎日10:00-16:30でツアーを楽しめます。(日曜日、バリ島の祭日はお休み)ツアーでは、ワインの製造過程はもちろん、ブドウ栽培の様々な段階もガイドから説明してもらえます。

4. オーガニックファームバリ(無農薬野菜)

Photo by: Top Indonesia Holidays

Photo by: Top Indonesia Holidays[/caption]

Marjan van Ravenzwaaijがオーナー兼マネージメントを勤めるオーガニックファームバリでは、地元民の多くがここで働いているため、セカンドホームとしてたくさんの人々から慕われています。ここを訪れると、大変親切なスタッフがあなたの到着を心から歓迎してくれ、敷地内で育てている有機物について、地元の習慣、村の事や農作業まで丁寧に教えてくれます。ここでは、バリの農家の事や村人の生活をじっくりと観察することができるでしょう。オーガニックファームでは4つのパッケージから参加したいツアーを選ぶことができます。ヴィレッジ&ライスフィールドツアー(村と棚田ツアー)、シードラブツアー(種を愛するツアー)、ファーム&サーフパッケージ(農家をあちこち見回るツアー)、クッキングクラス(お料理教室)の4つのコースです。ここの農園で採れた食物はとても新鮮でおいしいので、カフェでランチを食べてみてください。

5. バリシーウィードファーム(海藻養殖)

Photo by:TrekEarth

Photo by:TrekEarth[/caption]

バリ島にほど近いレンボガン島では、海藻の養殖とクリスタルクリアウォーターが人気です。(島は離れていますがバリ州です)レンボガン島ツアーへ参加すると、殆どのツアーでは海藻養殖の見学が含まれており、丁寧に作業工程を説明してくれます。通常、潮が引いているときのみ作業ができるので、早朝に作業を行います。海藻サラダにぴったりなレンボガン島の海藻は、その場で購入することもできます。

6. バリシーソルトファーム(海の塩)

Photo by: Top Indonesia Holidays

Photo by: Top Indonesia Holidays[/caption]

チャンディーダサやアメッド方面へお出かけの際、ブラックサンドビーチのメイン道路で『トラディッショナルシーソルトファーム(伝統的な海の田塩)』という看板を見かけるかもしれません。最近すこし耳にする機会が増えてきた、クサンバの塩はここで作られています。バリの伝統的な製法で作られているこの塩は、1000年以上の歴史があります。バリ島の日差しはとても強いので、1日に10キロもの塩を作ることができるのです。

 



バリ島クラクラバス

COMMENT

コメントを残す

  • 增达网

    受教了!呵呵!

カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • Language

  • Follow Kura Kura Guide's board :: Art & Culture :: on Pinterest.

    Back to Top