Picture5 Photo by: Bali Pocket Magazine せっかくバリ島に来たのだから夜遊びも楽しみたいはず、クラブやバーへ出かけるのもいいですが、ちょっと思考を変えてナイトマーケットで地元民の感覚を味わうのも面白いですよ!地元民の生活を肌で感じ、同じものを食べ、同じ空間にいる、これは自国では絶対に味わう事のできない体験ですよね。そんな体験をされたい方は、是非以下でご紹介する5つのスポットが…
Balinese Food 老舗のリゾート地「サヌール」ではショッピングモールやローカル露店でショッピングをしたり、家族で穏やかなサヌールビーチで過ごして楽しむことができます。 そろそろお腹が空いてきたあなたは美味しく、さらに安い食事はないかと探し始めることでしょう。 そんなあなたにポケットに優しいサヌールのワルン(屋台)での代表的な食べ物をご紹介します。 鶏ごはんの屋台 [ Men Weti ] 「ナシ(飯)…
turtles 2 バリ島クタの街を出てサヌールへバイパスを走っていくと、大型スーパーのロッテマートの向かい側にスランガン島へ曲がる道があります。スランガン島は一年を通して波が立つブレイクポイントと数軒のワルン、ヒンドゥー寺院、沢山の牛たちが放牧されている小さな島。そしてここにはバリ島で唯一のウミガメの保護施設があります。 この施設はTurtle Conservation and Education Cen…
Sanur Festival 毎年恒例の「サヌール・ヴィレッジ・フェスティバル」が今年は8月20日~24日の5日間に渡って開催されます。 このお祭りはサヌールの魅力を伝えるために地元のコミュニティが開催しているもので、サヌールの人気レストランやカフェが揃って屋台を出します。インドネシア料理からイタリアン、多国籍料理、ビールにワインまで、色々なグルメをちょっとずつ、ワンストップで楽しめるイベントです。入場はもちろん無料! …
dolphin 2 バリ島には大型の野生動物はいませんが、動物と触れ合える施設は沢山あります。そこでは動物を観察するだけでなく、触れたり、餌をあげたり、一緒に泳いだり、背に乗る事もできます。動物好きや家族旅行にもおすすめのアクティビティを紹介します! イルカに触れる 野生のイルカを見にいくドルフィンウォッチングが人気ですが、イルカをもっと間近で観察して、触れたり抱っこできる施設があり。場所はスランガン島の…
sanur spa 2 (2) 先週、バリ島サヌールで同時マッサージの世界記録に挑戦するイベントが行われ、インドネシアから1,000人のセラピストがビーチに集まりました。 『2000人の手 (Two Thousand Therapists’ Hands in Traditional Indonesian Massage)』 という名前のこのイベントは、世界規模で活動を行う というジョギングを楽しむためのソーシャルランニングコミ…
Sanur Village Dest. logo サヌール・ヴィレッジ・フェスティバルが今年もやってきました!8回目となる今年は8月24日~28日までの5日間、グランド・バリ・ビーチ内のメゾネット・エリアにて開催しています。 開催中はパレードや文化体験、ウォーターアクティビティ、クッキングデモンストレーション、凧揚げ、浜辺での楽しいゲームなど、催し物が盛りだくさん。特にサヌールの人気レストランが多数出展するフードコートは見逃せません…
kite festival by purplbutrfly, on Flickr 今年も凧揚げ祭りの季節がやってきました! バリ凧祭りは毎年7月にサヌールのPadang Galak area(通称ブラックサンドビーチ)で開催される恒例イベントです。バリのあちこちの空で凧が上がり始めると、「あぁ今年も夏か~(常夏なんですけどね)」という気分にさせてくれる、バリ島の風物詩的なイベントでもあります。 大会では…
sanur リピーターに愛されるのんびりリゾート!サヌール [gallery ids="299,300,301,302,303,304"] どんなエリア? 海辺にある昔ながらの老舗リゾートエリア。かつてはメインのリゾート地でしたが、今は6つのエリアの中でも年長者のような存在に。落ち着いて過ごせるリゾートとして欧米人の長期滞在や年配層に人気で、バリに長年通うリピーターにも愛されていいます。 サヌー…
resort areas 思い通りのバリ島旅行をするために、一番大事なこと。それは正しい滞在エリアを選ぶこと!エリア選びはホテル選びと同じくらい重要です。なぜならバリ島のリゾート地は大きく分けて6つのエリアに分かれており、場所はもちろんのこと、特徴や滞在スタイルが違うからです。 まずはエリアの場所と特徴を知り、「ゆっくりしたいからヌサドゥアかウブド」「歩いて遊びにいきたいからクタかレギャン」などイメージを膨らませまし…

カテゴリー

  • 最近の投稿

  • Language

  • アーカイブ

  • Follow Kura Kura Guide's board :: Art & Culture :: on Pinterest.

    Back to Top