Butterfly Globe Brand 2017.12.12

Butterfly Globe Kopi Baliは、インドネシアの高級グルメコーヒーロースターです。インドネシアの島々を原産とする高級豆から作られた独特なユニークなブレンドを持っています。火山性の土壌と涼しい気候のバリの高地は、アラビカコーヒーの木にとって、非常に良好な環境です。Kopi Baliは、その高地で栽培された高級豆だけを使用しています。

bali-coffee-1

伝統的なコーヒーの処理方法は、手摘みの豆を並べ、太陽の下で乾燥させることを要します。最長2週間の乾燥後、外殻は暗褐色になり、割れやすくなります。Butterfly Globe Kopi Baliは今日、バリで人気のコーヒーとなりました。食料品店、スーパーマーケット、またはホテルや免税店専用のパッケージで販売されているKopi Baliは、島で最もよく知られている地元製品です。実際には、いくつかのタイプのコーヒーを生産していますが、このブログでは、ベストセラーのコーヒーについてお話しします。

1. Butterfly Globe Original Arabica Luwak Coffee
2. Butterfly Globe Original Robusta Luwak Coffee

では、これらの品種についてご説明します。

 bali-coffee-2

Butterfly Globe Original Arabica Luwak Coffee

アラビカコーヒーは、もともとエチオピア南西部の高地の森林に生息していたコーヒーの種です。"アラビアのコーヒー潅木"、 "山のコーヒー"、または "アラビカのコーヒー"として知られています
bali-coffee-3
一方、アラビカは、非常に幅広い味を持っています(品種によっても異なりますが)。その幅広さは、甘い柔らかいものから鋭いものまで様々です。ローストされていないとアラビカの豆は、ブルーベリーーのような香りがします。ローストされると、フルーツと砂糖の香りと記述されています。アラビカコーヒーの豆は壊れやすく、涼しい亜熱帯の気候で育てなくてはいけません。アラビカの豆は、多くの水分、豊かな土壌、日陰と太陽が必要です。それらの脆弱性のためにアラビカ種子は様々な害虫からの攻撃に対しても弱く、寒い温度や取り扱いが悪いと損傷を受けやすいです。このタイプの豆はまた、標高の高いところ(600~2000メートル)で栽培する必要があります。

ルアックコーヒー、もしくはシベットコーヒーは、アジアンパームシベットに食べられ、消化管を通過したコーヒーチェリーから作られています。収集後、コーヒー豆は、衛生的に加工され、複雑で独特な風味を保つために完全にローストされます。

Butterfly Globe Brandでは、放し飼いのシベット、100%野生のケミカルフリーを使用しています。

bali-coffee-4
The Butterfly Globe BrandのKopi Baliは、インドネシアの各地高原からルアックアラビカコーヒー豆を収集し、高級コーヒーをお届けしています。この珍しいコーヒーは、皆様に素晴らしいコーヒーをお届けするために作られています。

Butterfly Globe Original Robusta Luwak Coffee

ロブスタ種の味は、ニュートラルから刺激的な苦みまでのものがあります。よく「オートミールのような味」と言われることがあります。焙煎されていないロブスタ種の豆の香りは、生ピーナッツのようだと記載されています。

ロブスタコーヒー豆は、200~800mの低地で育てることができます。また、害虫にも強く、1エーカーあたりより多く生産することができるので、低い生産コストで栽培することが可能です。

 bali-coffee-5bali-coffee-7

 bali-coffee-6

コピルアックは、世界で元も高価なコーヒーです。その高価な主な要因は、このコーヒーの珍しい生産法から来ています。これは、パームシベット、もしくはシベットキャットとも呼ばれるインドネシアの猫のような動物が消化したコーヒー豆から作られています。それ故に、“キャット・プープ・コーヒー” “シベット・キャット・コーヒー”と呼ばれることもあります。この猫の糞は集められ、生産し、ルアックコーヒーとして、売られます。



バリ島クラクラバス

COMMENT

コメントを残す

    コメントはありません。

カテゴリー

  • 最近の投稿

  • Language

  • アーカイブ

  • Follow Kura Kura Guide's board :: Art & Culture :: on Pinterest.

    Back to Top