バティック、人類の口承及び無形遺産の傑作 2017.10.06

100

バティックは、芸術作品です。手と心と精神の調和、芸術と多大な忍耐を要するクリエーションです。これらの重要な材料なしでは、バティックは、ユネスコに美しい文化遺産として登録された今日とは違って、ただの布となっていたでしょう。

101

手にチャンティンと呼ばれる器具を持ち、下書きされたパターンに沿って静かに押していくようにします。ワックスが冷たくなってくるとまた熱い溶かしたワックスにチャンティンを浸します。精巧なバティックには、長い時間と安定した手が必要とされます。一貫したリズムを習得するのはとても難しいとされています。

1DSC_0001-(98)

ジャワでは、インドネシアで最高のものとされる、これらの芸術作品を次の世代のために保存しています。今日、バティックは単なる商品ではなく、高級ブティックのトレンドとして世界市場の中で進化していっています。特に複雑で細かいパターンのハンドメイドのものは、評価が急上昇しています。現代の工場では、バティックの服がたくさん作られていますが、この文化的、芸術的遺産、そして伝統的な方法は、次の世代に伝えていかなくてはならない芸術作品です。

083

バティックは、ティック(点)という言葉から来ています。これは、パターンを描く際のワックスの点を示しています。伝統的なバティックは、手のよって全面に描かれていました(それらは、Batik Tulis と呼ばれており、Tulisは、書く/描くという意味です)。このタイプのバティックは、必要な作業時間とスキルから最も高価なものとなっています

094

2番目のタイプは、あるパターン(前もって作成されたパターンチョップ)を使って、布全体にプリントしていき、精巧なパターンを作ります。簡単な作業なので、このシステムはかなり一般的です。これには、パターンを均一に定期的に押すという、スキルを要します。このタイプのバティックは大量生産ができるので、Batik Tulisと比べて安価です。

114

最後のタイプは、Batik Tulisと BatiK Chopの組み合わせです。Chopはより大きなパターンを作成するために用いられ、細かなところは、手によって描かれます。このバティックは、Batik Tulisと BatiK Chopの中間の価格帯です。

王族の衣装

長い間、バティックは王族と庶民ともに着てきました。複雑なパターンはその人の富の状態を示します。洗練されたパターンは、より多くの作業時間が必要であり、より価値が上がります。2.5メートルの長さのバティックは、毎日身に着けるものとして、王族の衣服として一般的でした、しかし今日では、高価なため、ハンドペイントのバティックは、小さなパーツをシルクやほかの素材と組み合わせて使われています。

650

中部ジャワのジョグジャカルタとスラカルタの王族は、その宮殿にちなんだパターンを持っています。これらのパターンは、そのステータスと特別な神秘的な力がその布に宿っていることを示しています。宮殿は、富、力、知恵の象徴であり、関連する模様を身に着けることによって、関連する模様を身に着けることによって、権力、知恵、権威の声明が上昇します。時には、深い哲学的な意味を持つ要約文が複雑なパターン内に秘められており、パターンの複雑さを理解している人にとっては、これらのバティックは社会の地位を表す信念であると高く評価されています。

IMG_2901

今日、インドネシア人は、結婚式やフォーマルな招待、政府行事など、特別なベントのためにバティックを着用しています。バティックには長い歴史と伝統があり、地球上ほかのどこにもないことを明確に理解することは、若い世代に任されています。

バティック・デイは2017年10月2日にインドネシアで祝われ、すべての市民(政府)の労働者は、当日最高のバティックを着ました。



バリ島クラクラバス

COMMENT

コメントを残す

    コメントはありません。

カテゴリー

  • 最近の投稿

  • Language

  • アーカイブ

  • Follow Kura Kura Guide's board :: Art & Culture :: on Pinterest.

    Back to Top