ワヤン、コマン、マデ・・・バリ島の名前とカースト制度 2014.12.19

balinese caste system JP

バリ島に来たことがある人なら、ガイドさん、ドライバー、レストランのスタッフ、市場のおばちゃんまで、バリ人の名前が異常にかぶっている事に気付く人もいると思います。バリ人の名前はカーストの位と生まれて来る順番によって決められており、バリ人の90%は一つの位に属しているので、会う人がみんなワヤンかマデ、というような事が起こります。

バリのカースト制度はバリヒンドゥーに基づくもので、インドのものとは異なり緩やかでソフトカーストと呼ばれています。以下の4つの階層があります。

○ ブラマナ / Brahmana (聖職者、司祭階級)

○ カサトリア / Ksatria (王族 / 武人)

○ ウェシア / Wesia (貴族 / 商人)

○ スードラ / Sudra (平民)

言葉

まず、バリの人々は「バリ語」と「インドネシア語」という2つの言葉を使って生活しています。「バリ語」はバリ島オリジナルの言語で、「インドネシア語」はインドネシアの共通語として習います。二つの言語は基本的な文法や発音は全く異なるもので、英語とフランス語のように言語として完全に独立しています。

バリ人とジャワ人が話すときはインドネシア語ですが、バリ人同士の会話が始まると途端にバリ語になり、インドネシア語が多少理解できる私たちでも全く意味が分かりません。

バリ語/インドネシア語の使用度にはバリ人の中でも年代によって差があり、若い人ほどインドネシア語を、年配の人ほどバリ語をメインで使います。

バリ語には更に5種類があり、カーストによって異なる言葉使いがあります。人々は初対面でカーストが分からない人に対しては失礼にならないように丁寧な言葉を選びます。

○ 他カーストからブラマナへ話す言葉:Basa alus singgih
○ ブラマナからカサトリアへ話す言葉、またはカサトリア同士の言葉:Basa alus sor 
○ カサトリア以上からウェシアへ話す言葉、またはウェシア同士の言葉:Basa alus madia 
○ スードラ間で両親など敬う立場へ話す言葉:Basa alus mider 
○ スードラ間の言葉:Basa sor

名前

各カーストにはその階層固有の名前があり、男女ともに同じ名前が付けられます。男女の性別を付けるために、名前の始まりに男性の場合は「I(イ)」、女性の場合は「Ni(ニ)」を付けます。

○ 男性:I Gusti Ngurah Rai
○ 女性:Ni Nyoman Rahayu

ブラフマ (聖職者、司祭階級)

聖職者や僧侶が属する階級。ブラフマの人々は全ての祭礼を取り仕切ります。

○ 男性:イダ・バグース(Ida Bagus) 
○ 女性:イダ・アユ(Ida Ayu)、イダ・ダユ(Ida Dayu)

カサトリア (王族 / 武人)

王族や将軍が属する階級。

○ 男性:Anak Agung, Agung, Dewa
○ 女性:Anak Agung, Agung, Dewi, Dewayu

○ 王族:デワ・アグン(Dewa Agung)、アナ・アグン
○ 将軍:チョコルダ(Cokorda)

また、カサトリアの人々の多くはこのようなミドルネームを持ちます。

○ ラカ(Raka):年上の兄/姉
○ オカ(Oka):子供
○ ライ(Rai):年下の弟/妹
○ アノム(Anom):若い女性
○ ングラ:(an indication of authority)

ウェシア (貴族 / 商人)

地方の貴族や商人が属する階級。

○ 男女:グスティ(君主) - for men and women
○ 男性:デワ(Dewa)
○ 女性:デサック(Desak)

スードラ (平民)

90%以上の人々が属するもっとも一般的な階級です。名前は生まれた順番によって1子から4子まで決められ、5子が生まれた場合は第1子に戻ります。

○ 第1子(男):Wayan, Putu, Gede
○ 第1子(女):Wayan, Putu, Iluh
○ 第2子(男女):Made, Kadek, Nengah
○ 第3子(男女):Nyoman, Komang
○ 第4子(男女):Ketut

両親のカーストが違う時は?

父親のカーストに基づいた名前が付けられます。

このようにバリ人の名前とカースト制度は深く結びついています。インドのようにカーストによって仕事が決められていたり、違うカースト間で結婚が出来ないなどの厳しい縛りはありません。

どちらかというと王朝を敷いていた時代の名残のような存在ですが、人ごみの中で「ワヤン!」と叫んで沢山の人が振り向いても驚かないでくださいね。



バリ島クラクラバス

COMMENT

コメントを残す

    コメントはありません。

カテゴリー

  • 最近の投稿

  • Language

  • アーカイブ

  • Follow Kura Kura Guide's board :: Art & Culture :: on Pinterest.

    Back to Top