ダンスと音楽の島、バリ島 2017.11.22

1000年前のインドの巡礼者は、色とりどりの儀式と祝典で豊かな島を見つけたことに大きな賞賛を表しました。彼らはこのバリ島にサンスクリット語でWALIという名を付けました。また、この島が死者と不滅者、両方の為の「リゾート」として知られていたと、証拠も示されています。WALIという言葉は、今日、神様に捧げるほどに聖なるものとみなされる舞踏や劇という意味で残っています。Topengと言われるマスク劇、Wayang Kulitと言われる人形劇、もしくはParwaというオペラパフォーマンスなしでは、盛大なお葬式、寺院の祭り、結婚式などの神聖な儀式は完結しません。

058

ほとんど毎日、島のどこかで寺院の祭典や宗教儀式が行われているので、バリ人の多くの才能を発揮できる場所に事欠くことはありません。大きな寺院の祭りは、スリー・リング・サーカスに似ています。一つのコーナーでは、パビリオンが建てられ、長老たちが小さなトレーの周りに座り、古代のヤシの葉の本から順番に詩を朗読していきます。別のパビリオンでは、ガムランオーケストラが素晴らしい演奏で献身者を迎え、様々な儀式に同行します。小さな聖歌隊が聖職者のプラットフォームの下や周りに膝まづいて讃美歌を歌い、司祭の聖なる儀式を補完します。

DSC_6516

パビリオンの天井には、ヒンドゥー教の叙事詩からの物語が描かれています。寺院の前では、レゴンダンスやマスクの劇が繰り広げられています。どこにいても大きなバナーとペイントされた服がかけられています。中庭には2メートルほどの高さのある、お供え物が所狭しと並んでいます。アートのお祝いと人生のお祝いは一つです。

DSC_9844

宗教と同様に芸術もまた、バリ人を感動させた多くの文化で彩られています。多くのダンスとジェスチャーは、南インドの影響を受けています。バロンにおいては、金箔の木彫りが中国からの影響であることを示しています。昔のバリ島東部の王様たちは、ヨーロッパの建築物のゴシック様式のアーチとインペリアルのディテールに非常に感銘を受けていました。今日まで、彼らの宮殿は、パリの城、アムステルダムの城などと、冗談でそう呼ばれています。

196

伝統的にバリには、劇場スペースが存在しません。あらゆるところが劇場になりえます。もし、その村のホールがマスクプレイに狭すぎたら、近くの広場でそのスペースを設置します。ステージの骨組みが組み立てられ、行事用の布を掛け、オーケストラ用のマットを敷けば、ショーの準備は整います。

012

ヒンドゥー教の信念によれば、宇宙は、ヒンドゥー教の三位一体のブラフマ、ウィスヌ、シヴァの音である、AUMという和音から誕生しました。ヒンドゥー教の社会は、音楽とダンスで宗教の祝い事を行うことで有名です。バリ島も例外ではありません。海への長い行進中の音楽、天の高さから神を誘惑する音楽、黄昏を誘発する特別なメロディー、大衆のためのコメディー音楽、エリートのための夜のオペラがあります。また、カエルの踊り、猿の踊り、バンブルビーの踊り、叙事詩のバレエ、戦争の踊り、仲間を選ぶための踊り、悪霊を追い出すための踊りがあります。

001-(2)

バリ島の有名なイメージがあるとすると、それは、しなやかな体にゴールドやシルバーのエキゾチックな衣装を纏い、ゴールドの冠を付けた美しいダンサーではないでしょうか。扇子は、ガムラン・ゴン・オーケストラの魅惑的な音に滑り込むような動きです。ダンサーの美しさよりも驚くのは、そのダンスと音楽の豊富さです。60ピースのブロンズ・パーカッション・オーケストラ、小さなアンクルン・バンブー・ガムラン・アンサンブル、葬儀の際のミニ・キロフォン・クインテット、フルートやハープのオーケストラ、チャントだけで構成された合唱交響曲などがあります。

007

伝統的に、すべての音楽は公開されており、すべての人の喜びのためにオープンエリアで自由に演奏されています。それぞれの村、宮殿、寺院では、自分たちのガムランオーケストラがあります。そして、数多くの地元のフェスティバルに参加しています。地元を超えて各地のより大きなお祝い事に招待されることもよくあります。ほぼすべての村では、その村の“聖なる道具”を所有しています。マスクのセット、レゴン、髪飾り、ワヤンの影人形、バロンと呼ばれる神獣、これらの道具は、村の寺院に保管され、次の演奏の機会を待っています。

057

ダンサー、ミュージシャン、人形劇氏など、幼いころから練習しており、バリの芸術のほとんどが父から息子へ受け継がれています。歩くよりも先に踊れるようになった有名なアーティストの話は有名です。週に1、2回の"Banjar"と言われるコミュニティーホールは、ガムラン練習の場です。ここで若者たちは、ガムランを学びます。また、ガムランオーケストラは、練習したい人がいつでも練習できるよう、パビリオンに置かれたままです。ダンスは、家の中庭が練習の場になります。そして、ダンサーたちは、寺院のフェスティバルでデビューします。

197

この小さな島がどのようにして演者をサポートできているのか不思議です。バリ人は、魅力的な外国の要素を取り入れ、それらを自分たちの布や儀式に織り込んでいきます。何世紀にもわたって、彼らは素晴らしいダンスと音楽のレパートリーを集めました。16世紀にジャワから逃れてきたアーティストや音楽家によって、芸術はより一層発展しました。また、観光の波が押し寄せてからは、バリの芸術は、小さなルネッサンスをずっと続けていると言えるでしょう。



バリ島クラクラバス

COMMENT

コメントを残す

    コメントはありません。

カテゴリー

  • 最近の投稿

  • Language

  • アーカイブ

  • Follow Kura Kura Guide's board :: Art & Culture :: on Pinterest.

    Back to Top