バリ島での必需品 BEST.5 2015.09.28

Products main

バリ島を訪れる旅行者達のほとんどが、ヤシの木・鮮やかなカクテル・青い海と白い砂浜・異国文化体験といった良いイメージだけを持って訪れてきます。

ただし、現実には予想もしていなかった恐ろしい状況に陥る事も少なくはありません。有名な「バリ腹」と呼ばれる下痢症状や、さらに悪い場合は「デング熱」等での緊急入院など。。。こうなってしまうとホテルやヴィラの部屋に閉じこもって日々を過ごすことになってしまします。

今回のブログ記事では、クラクラバスがお勧めする旅行者(在住者にも)への地元製品のベスト5を特集してみました。健康で快適にバリ島での生活を楽しむ為に、バリ到着時に買い溜めできて、どこでも手に入る、手頃なお値段のモノばかりです。

1. Soffell の蚊除けスプレー

soffell

 バリ島のように1年を通して暖かい熱帯気候は、半屋外のヴィラや星空の下で浴びるシャワーなどの素敵な体験が魅力です。ただし。。。バリ島に滞在する以上は「彼ら」を避ける方法はありません。最も豪華な5つ星リゾートでさえも、ゲストに「蚊のいない環境」を約束することはできません。もちろん、多くのホテルやヴィラが「虫対策」はしていますが、残念ながら完全に保証するものではありません。

特に11月から3月の雨季の間は、実に多くの蚊に悩まされる事があります。赤く腫れて「痒い。痒い。」の程度ならばよいですが、現実的に蚊の媒体によって発症する恐ろしい「デング熱」の患者は決して少なくありません。旅行者だけでなく在住者達からも感染者が毎年報告されています。

これらを防ぐためには「蚊に刺されない事」が1番です。ただ、長袖とズボンを着て1日中過ごすことは、このバリ島では難しいことです。

そこでクラクラバスからの提案は、外出の前に手足に噴霧する「虫除けスプレー」を使用する事です。もちろん、バリ島には様々な虫除けスプレーがありますが、クラクラバスのお勧めは地元産の「Soffell モスキート スプレー」です。香りも良く、可愛いいピンクのボトルに入っています。バッグやデイパックにも最適の大きさです。便利なトラベルサイズのボトルもあります。

 価格:IDR 12,000 / 約100円 (80ml)

2. Kayu Putih Cajuput Oil(ユーカリ オイル)

 kayu putih

 バリ島での買い物中なら、あらゆるお店でこの小さな緑のボトルが見つける事でしょう。この「カユ プティ オイル」はインドネシアのスラウェシ島に主に生息している「白い木」のオイルという意味です。地元の人々は筋肉痛から腹痛や毛ジラミまで、あらゆる症状にこのオイルを使用しています。また、虫刺されの場合にはかゆみ止めとして機能する万能薬です。

ハイパーマートやカルフール等の大型スーパーマーケットに行けば、数ヶ月使えるビッグサイズも購入できます。

価格:IDR7000 約60円(15ml)

3. Norit 活性炭 錠剤

NOrit

かなりのスパイシーなバリ料理を食べ過ぎたり、シャワーや水道の水を誤って飲んでしまったり。。。「バリ腹」と呼ばれる下痢症状は、バリを訪問する観光客には残念ながら非常によくあることです。

この旅行者達に起こる下痢症状は、衛生基準の低い第三世界の国ではよくあるようです。この細菌感染は食品や精製されていない水を摂取することによって引き起こされる可能性があります。症状は発熱、嘔吐や体の痛み、軽度の胃痙攣、下痢などです。深刻なケースでなければ、ホテルの部屋で静養していれば問題ありませんが、せっかくの旅行が台無しになりますね。。。

この「バリ腹」を回避する最善の方法は、常に(特にお金を触った後)食べる前に手を洗う事。そして歯を磨く際に水道水を使わない事です。(ほとんどのホテルやヴィラはバスルームに無料のボトルウォーターを用意しています)

それでも「バリ腹」に襲われた場合のクラクラバスのお勧めは「ノリット活性炭」です。この錠剤も多くのコンビニで取り扱いがあり、簡単に手に入ります。活性炭錠剤は、下痢、消化不良や食中毒の治療薬(二日酔いにも効果があると言われています)として有能で、消化器官中の有害物質を吸収します。天然成分なのでお子様への使用も安全です。

6〜9錠を1日3回(最大20錠まで)服用します。軽度の下痢症状であれば、何日か服用してください。もちろん、症状がその後も持続する場合は医師または病院に必ず診察に行きましょう。

価格:IDR 15,000 約120円 (40錠入り)

4. Antimo 酔い止め薬

Motion

 冒険好きなバリ島への旅行者なら、おそらく「レンボンガン島」や「ギリ諸島」を探検するバリ島からボートに乗ることも多いですね。または、ウブドやキンタマーニ高原へのロングドライブも経験するでしょう。

船酔い、乗り物酔いをする方は大変ですよね。せっかくの楽しい冒険旅行も最初の道中でつまづいては台無しです。。。

そこでお勧めするのが、この小さなピンクの錠剤「Antimo」の酔い止め薬です。この錠剤が安価で、最も効果的な乗り物酔いの薬です。

12歳以上の子供と成人は1日8回まで服用できます。8歳から12未満の子供は1日3回まで半錠を服用できます。乗り物に乗る30分前に服用し、次の錠剤を服用するまでに4時間空けましょう。

この「Antimo」の酔い止め薬もコンビニや大きなスーパーの1部で購入する事ができます。

価格:IDR 7,000 約 55円 (10錠入り) 

5. ESKULIN の消毒液

Sanitizer 

そして最後のお勧めは、常にあなたのバッグの中に携帯用の消毒液ボトルを入れておくことです。食事の前にサッと手を消毒するだけで「バリ腹」の危険を大きく回避できます。

手を使って食事をする習慣のあるバリでは、多くの地元のレストランやワルンにも、手洗い設備を持っています。しかし食事中に食ベ物や水、氷からの細菌が体内に侵入し、ひどいおなかの痛みや下痢を引き起こす可能性があります。

また、バリ島内には多くの犬が歩いていますが、それを撫でた手でそのままで居るのも良くありませんね。食事の前には消毒液を使用することをお勧めします!

このハンド消毒液も、ほとんどのコンビニ、スーパーマーケット、薬局で購入することができます。

価格:IDR 9,000 約 75円  

これだけあれば安心!

All

これらがバリでの旅行中に、持っていれば安心な地元製品 BEST.5です。もし、あなたが他にも便利でお得な地元製品を知っていたら、ぜひコメント欄で教えてくださいね!



バリ島クラクラバス

COMMENT

コメントを残す

    コメントはありません。

カテゴリー

  • 最近の投稿

  • Language

  • アーカイブ

  • Follow Kura Kura Guide's board :: Art & Culture :: on Pinterest.

    Back to Top