ギリ島でするべき10の事 2014.09.05

gili

真っ白な砂浜を歩いて、透明な海で泳いで、ヤシの木の下で昼寝・・。そんな夢のような過ごし方ができるギリ島は、バリ島のお隣ロンボク島の北西に浮かんでいます。

ギリ島はギリ・トラワンガン、ギリ・アイル、ギリ・メノの3つの島から成り、1980年代から欧米のバックパッカーやサーファー達が集まるようになりました。パーティー三昧、バックパッカーの聖地、シュノーケルやダイビング、ひたすらのんびりなど色々な楽しみ方ができる魅惑の島として人気があります。クラクラ編集部でも3日間の休みがあれば2泊3日でギリ島へ出かけていくスタッフが続出するほど!バリ島から船で2時間で行けるギリ島の楽しみ方を紹介します。

1. サイクリングで島内一周

gili 3

3つの島はどれもそれほど大きくないので自転車で簡単に一周できます。レンタル自転車は島内のあちこちで借りることができ料金は1日Rp.50,000(約500円)ほど。ゆっくり漕いでも1時間かからないので軽い運動になります。

2. カメの保護センターを訪ねる

20120505_053147

環境保護にも力を入れているギリ島。ギリ・トラワンガンで実施されている「環境税」は入島する観光客にRp.50,000の寄付を募るもので、集めた寄付はビーチの清掃やサンゴ礁の保護に充てられています。

また、ギリ・トラワンガンの東側にある「タワンガン・ダイブ」の近くにはウミガメの保護施設があり、卵から孵化したアオウミガメやタイヘイヨウタイマイを海に還す活動を行っています。この施設も募金を活動資金にしているのでぜひ立ち寄ってみて下さい。

3. 子馬の馬車、シドモに乗る

gili 4

ギリ島がこんなにものんびりしている理由のひとつは島内に車がほとんど走っていないから。でも、夕食やビーチにちょっと出かけたい場合は??そんな時はシドモ(cidomo)があります。シドモは子馬に引くギリ島版のタクシー!料金は交渉制でRp. 50,000~からです。

4. 海辺でシーフードを楽しむ

海鮮が好きな人にはギリ島は間違いなくおすすめです。その日に採れたばかりの新鮮な魚介類がレストラン前の水槽で元気に泳ぎ回り、好きな調理方法を選んで食べることができます。ロブスター、鯛、マグロ、イカ、マヒマヒ、海老などフレッシュなシーフードをビーチ前でどうぞ!

5. ギリ3島を巡ってみる

island hopper

もし今いる島でする事がなくなったら、小舟に乗って他の島に行ってみましょう!ボート会社の "Island Hopper" はギリ島間のボートを毎日運行しています。朝と午後に1本ずつボートが出るので他の島にワンデイトリップするのにぴったり。

  • 発/ギリ・メノ 行/ギリ・トラワンガン 出発時間/08:15、15:20
  • 発/ギリ・メノ 行/ギリ・アイル 出発時間/09:50、16:20
  • 発/ギリ・アイル 行/ギリ・メノ 出発時間/08:30 、15:00
  • 発/ギリ・アイル 行/ギリ・トラワンガン 出発時間/08:30、15:00
  • 発/ギリ・トラワンガン 行/ギリ・メノ 出発時間/09:30、16:00
  • 発/ギリ・トラワンガン 行/ギリ・アイル 出発時間/09:30、16:00

6. 夜空の下でパーティーナイト

洒落たビーチクラブやのんびり飲めるレゲエバーが幾つもあるギリ島はパーティーアイランドとしても有名な島。特にギリ・トラガンワンで満月と新月に開かれるパーティーが盛り上がります。パーティー好きなら満月・新月に合わせてギリ島に行くのがいいですよ。

7. ヨガでリフレッシュ

gili 10

飲み過ぎて二日酔い、または体がだるくなったら?ヨガでリフレッシュする時です。ギリにはヨガスクールが幾つかあり、予約不要で当日参加できるクラスもあります。ヨガマットなども貸してくれるので手ぶらで行って大丈夫です。

8. ダイビングデビュー!

rsz_1gili_6

インドネシア有数のダイビングスポットがあるギリ島は、ダイビング目的に訪れるダイバーも多く、ギリ・トラワンガンだけでも20以上のダイビングショップがあります。海の世界に興味があるなら体験ダイビングやライセンスを取るにも絶好の場所です。宿泊とスクールがセットになったパッケージもあるので各ショップのウェブサイトをチェックしてみては?

ギリ・トラワンガン

 ギリ・メノ

ギリ・アイル

9. フリーダイビングに挑戦

ショノーケリングもダイビングもやった!という人にはフリーダイビングがあります。ギリ・トラワンガンにある「Freedive Gili」では2日間コースからフリーダイビングの楽しさを教えてくれます。セオリー、呼吸法、深く潜るためのテクニックを学んだら、ギリ島の美しい海をもっと楽しめるようになりますよ。

10. サンセットを楽しむ

gili 9

ギリ島の夕日はどこよりも綺麗です。もしホテルが西側なら、夕暮れ時は歩いて、またはシドモで東側のビーチへ行きましょう。静かなビーチに沈む夕日はずっと忘れない想い出になるはず。片手には冷えたビンタンビールも忘れずに!

ギリ島関連の記事はここにからチェック:

○ トラベルガイド: ギリ島(トラワンガン、アイル、メノ)
○ トラベルガイド: ギリ・トラワンガン島
○ トラベルガイド: ギリ・アイル島
○ トラベルガイド: ギリ・メノ島

 



バリ島クラクラバス

COMMENT

コメントを残す

    コメントはありません。

カテゴリー

  • 最近の投稿

  • Language

  • アーカイブ

  • Follow Kura Kura Guide's board :: Art & Culture :: on Pinterest.

    Back to Top