自分だけのお気に入りビーチを見つけに行こう!バリ島の隠れ家ビーチ10 2013.09.24

hidden beaches

バリ島を訪れる人のお目当ての一つといえば、美しいビーチ。南にはどこまでも広がる柔らかいホワイトサンドのビーチ、西には火山岩の黒いかけらが混ざったエキゾチックなビーチ、そして手つかずの自然が残る東には、穏やかな時間が流れる漁港もあります。

世界中のサーファーが集まるクタビーチやシーフードBBQが人気のジンバランビーチは行ったことがある人も多いはず。でも、まだ知られていない穴場ビーチってどこでしょう?切り立った岸壁の下、本島から少し離れた場所、小道のさらに奥にも美しいビーチは隠れています。

こちらの記事より、「バリ島の隠れ家ビーチ ベスト10」をご紹介します。

1. ペラシビーチ(Perasi Beach)/ バリ東部

White sand beach - Bali - indonesia

パシールプティ(白砂の浜)、ホワイトサンドビーチ、バージンビーチ、ヒドゥンビーチ(穴場ビーチ)など、いろいろな別名で呼ばれるペラシビーチ。チャンディダサから約4.5km東のカランガセム県に位置し、ブグブグ村とペラシ村の間にある2つの丘に挟まれたビーチです。ビーチパラソルの下でのんびり、白い砂浜で日光浴、ローカルのシーフードレストランで舌鼓…など、バリ島東海岸の隠れ家ビーチに足を運んでみてはどうでしょう。

行き方:チャンディダサから、ラヤ・チャンディダサ通りを進み、ブグブグのメインストリートを通ってペラシまで。バレ・アグン寺院のある村の反対側の舗装されてない道を進むとビーチに出る。

2. バランガン(Balangan)  / ウルワツ

Balangan setup

サーフスポットとして有名なバランガンは、ニュークタゴルフの難関コース、第15ホールの一部である北側の断崖に位置します。もともとバランガンの海岸線はドリームランドも含む広範囲でしたが、サーファーたちが断崖の南側のビーチを指してバランガンと呼ぶようになりました。ビーチの小さな小屋では、サーフィンを楽しむ人のためにローカルのスナックやジュース、ビールが販売されています。ブキット半島の沿岸にある他のビーチと比べて、バランガンへのアクセスは簡単で、石灰岩の丘を少し降りればビーチに出ます。

行き方:プチャトゥの方面へ丘を上る。主要な交差点にあるバランガンへの標識に従って進む。

3. グリーンボウル(Green Bowl) / ウルワツ

Green Bowl Beach, Bali Indonesia

休業中のバリクリフ・リゾートの敷地沿いのグリーンボウルは、静かな異国情緒あふれる海岸を楽しみたい人々には、とっておきのバリ島南海岸のビーチ。ビーチへのアクセスは、崖の岩肌にある100段以上の階段を降りていかないとたどり着けません。まさに隠れ家ビーチと呼ばれる所以です。

崖の下にはいくつものコウモリの洞窟があります。ビーチの名前の由来はいくつかの説があり、干潮の時に姿を現す美しい緑色の海藻やサンゴ礁から名付けられた、また、この場所にリゾートを開発しようとした会社の名前からグリーンボウルと呼ばれるようになったという説もあります。階段を降りるのは比較的簡単ですが、上りはちょっときついかも…でも断崖からの景色は、空と海の間に浮かんでいるような気分を味あわせてくれる絶景でしょう。

行き方:通称バリ・クリフ通りに沿って下る。休業中のホテルの敷地周辺に駐車場があり、ビーチへ降りる階段がある。

4. アメッドビーチ(Amed Beach) / アメッド

Amed beach and volcano

アメッドは7つの沿岸の村(アメッド、ジェムルック、ブヌタン、リパ、スラン、バニュイン、アース)をまたがる海岸です。村々では昔ながらの伝統的な漁業を行っており、海岸にはジュクンと呼ばれる小さな漁船が並んでいます。

ダイビングスポットとしても有名で、もしアメッドに滞在するのであれば、静寂のビーチから昇る感動的な日の出は必見です。周辺の見所としては、アメッドから南部方面に戻る途中のプルワクルティというエリアで、伝統的な塩田を見ることができます。約2.5時間の東部~南部エリアまでの間には、その他にも美しい景色や立ち寄りたいスポットがあり、カランガセム県やクルンクン県でおススメのスポットとしては、水の公園・ティルタガンガやコウモリの寺・ゴアラワ寺院などがあります。

行き方:東部方面への長距離ドライブ。クルンクン・カランガセムへ向かって道なりに進む。標識に従って目的地へ。

5. ドリームビーチ(Dream Beach) / レンボガン島

Dream Beach

レンボガン島はドキドキのアドベンチャーが待っている、バリ本島から27km先の離島。ベノア港やサヌール沿岸からボートで渡ることができます。島には小さな入り江が点在し、日常から離れてプライベートな時間を過ごすにはぴったりです。

ドリームビーチはレンボガン島の南海岸に位置し、美しいさらさらのホワイトサンドのビーチの周りには高いヤシの木やトロピカルな木々が茂っています。ビーチにはパンダンカフェがあり、バンガローも利用することができます。

行き方:島のリゾート湾としてにぎわう東メインエリアから南の方向へ、「デビルズ・ティアー」「カフェ・パンダン」「ドリーム・バンガロー」の看板を探して進む。

6. カルマビーチ(Karma Beach) / ウルワツ

Karma Kandara Beach

カルマカンダーラのビーチクラブに次いで、ナモスビーチとして知られる、プライベートビーチ。切り立った崖に設置されているケーブルカーに乗って降りて行くと、きれいなホワイトサンド・ビーチと透きとおった青い海が待っています。

ナモス・ビーチクラブはトロピカルな雰囲気の中でくつろげる場所となっており、5つ星サービスを受けることができます。竹がそよぐキッチンハウスでは、カクテルや地中海料理のセレクションメニューが用意されており、ビーチクラブでのひと時を満喫できるでしょう。また、ビーチクラブへのエントリーには25万ルピアの入場料が必要です。(10万ルピア分のフード・ドリンク込)

行き方:ウンガサンの道沿いに出ている看板に従って進み、ヴィラカンダーラ通りにある、カルマカンダーラ・リゾートへ。

7. フィンズビーチ(Finn's Beach) / ウルワツ

Finn's

その他にも隠れ家プライベートビーチと言えるのが、フィンズビーチ。ウンガサンのスマラ・ウルワツの眼下に広がる165mの美しいサンドビーチです。宿泊ゲスト以外は25万ルピアの入場料が必要です。(フード・ドリンク代として利用可)断崖の岩壁に挟まれて行き来するケーブルカーに乗って約2分でビーチに到着。

ここの海はクリスタルのようにどこまでも透きとおっていて、海水浴もできます。セミ・オープンのキッチンがあり、茅葺屋根の陰で心地よい海風とオーシャンビューを楽しみながら、地中海料理を堪能することも。ビーチ・アクティビティで家族や友達と遊ぶこともでき、美しい静かな海岸でのんびり過ごすには、フィンズビーチクラブがグッドチョイスです。

行き方:ウンガサンのパンタイ・スラタン・ガウ通りを進む。看板に従って目的地へ。

8. バリアン(Balian)/ バリ西部

Balian, Bali

西海岸のビーチは少し違った雰囲気です。世界中のサーファーを魅了するバリアンは、黒っぽい火山岩が混ざった砂浜。田園やヤシの木ものどかな異国情緒を漂わせるエリアです。サーフィンをしない人でも、ビーチで遊びながら、サーファーたちのアクションを見るのは楽しいでしょう。

バリアン周辺にはガジャミナ・リゾートなど宿泊施設もあるので、滞在するのもおススメです。夕方になると地元のシーフードの屋台も並びます。西海岸で有名なもうひとつのサーフスポット・マデウィは、ここから西へ30分ほどなので、足を延ばしてみてはどうでしょう。

行き方:タバナンのスレマデ地域へ向かって西へ進む。

9. ドリームランドビーチ(Dreamland Beach)/ ウルワツ

Dreamland from the cliffs

シークレットビーチと呼ぶには少し有名すぎるかもしれませんが、メインストリートからの距離がかなりあるという意味で、隠れ家ビーチのドリームランドビーチ。バランガンのお隣です。近年、グラハ半島や「ニュークタ」の開発が進み、周辺の環境も変わってきました。

ドリームランドは国内、海外からの観光客の人気スポットであり、メロウな波が立つ人気のサーフポイントでもあります。舗装された道路や開発エリアを過ぎれば、そこには昔と変わらない自然の風景が現れます。そびえ立つ崖、白砂、マリンブルーの海が夢の国へ誘ってくれるでしょう。

行き方:プチャトゥ・グラハの大きなゲートをくぐり、アスファルトの道を道なりに進み、ゴルフコースの横を通り過ぎる。

10. パダンパダン(Padang Padang)/ ウルワツ

Bali - Padang padang beach

数段の階段を降り、石灰岩の割れ目をくぐりぬけたところの橋のそばに位置するビーチ。橋の手前の道路を渡れば、比較的広い駐車場もあります。バリ島内のサーフスポットの中でも最も大きな波がブレイクするパダンパダン。

ホワイトサンドのビーチはとても美しく、小さな砂浜では日光浴を楽しんだり、時を忘れて過ごすことができるでしょう。ローカルのシーフード屋台では、採れたての新鮮な魚介を焼いてくれます。ウルワツ寺院周辺を訪れる時に時間があれば、立ち寄ってみたいビーチです。

行き方:ラブハン・サイトの道路に沿いに、黄色い欄干の橋を見つけて進む。

 



バリ島クラクラバス

COMMENT

コメントを残す

    コメントはありません。

カテゴリー

  • 最近の投稿

  • Language

  • アーカイブ

  • Follow Kura Kura Guide's board :: Art & Culture :: on Pinterest.

    Back to Top